代表挨拶

大峰建設は1971年に先代社長により設立され、2005年の社長交代以来、「地域貢献」の精神をもって、東京23区の上下水道、耐震工事が主の土木工事で多くの実績を残して参りました。

東京都または区の地方公共団体により発注され、官公庁からの元請け工事が大峰建設の仕事の100%を占めております。

高度成長期時代に敷設された多くの上下水道は老朽化により、保全工事を必要とされています。漏水・耐震面での危険性は高く、大峰建設が担う仕事は今後重要なインフラ整備となります。
上下水道工事は、地域の皆様の安全・安心な暮らしを支える大変重要な公共工事であると確信しています。

「1人の100歩より100人の1歩」社員一人一人が地域貢献の精神をもって、より良いパフォーマンスを発揮できるような環境づくりを整えています。
今後も地域密着で技術力・組織力を強化していき、地域の暮らしをサポートするために全力で努力を続けてまいります。

大峰建設株式会社 代表取締役 野澤 一芳

社訓

  • 相互信頼  相互信頼を基盤に協調信頼をつくりあげる。
  • 新進創造  国際的視野で知識を広く求めて、明日に向かって創造する。
  • 不撓不屈  あらゆる困難を不撓不屈の精神で乗り切る。

経営理念

  • 建設業にとっては、本格的な淘汰の時代がやって来た。 次の時代へ向けて生き残るには、各人の変革努力にかかっている。
  • 企業も社会のニーズに応え次の時代に即する様に変化しなければならない。
  • どの様な厳しい時代でも企業は存続しなければならないゆえに、他社にない営業力、施工力、コスト力などの特色をもって生き残らなければならない。
  •   
  • 企業人として、社訓を基に、自覚と責任を持ち、社会に評価される企業集団を目指す。